2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.19(Thu)

ナイト論

とあるブログを読んでたら書いてみたくなったので。
長いことナイトで盾役をやってきて、何を考えて行動してたかなとか。
あくまで持論&私見混じりのオ○ニー文なのであしからず。

■戦闘に勝利する

基本で当たり前の事だけど、これを中心に置いて思考し行動する。
死なない、死なせない、タゲを取る、被弾を極力抑えるとかは
あくまでもこの「戦闘に勝利する」という目的を達成するための手段なので
自分が死ぬことで時間稼ぎが出来て戦闘に勝利出来るなら死ぬし、
死なせないと言ってもMPがきつい時は、死なせたらいけない人のケアルは優先するけど、
それ以外の人は見殺しにする場合もある。

■現状に満足しない

ただどんな形でも勝てばOK、あとはその繰り返しだと
新しい高難易度コンテンツとか、強いNMが追加された時に切れるカードが増えないので
常により良い方法を模索したり、新しい戦術を試してみたりする。
慣れてきたNM戦でも、より安定して戦えるようにとか、より早く倒せるようにとか、
現状に満足しない。満足するとそこで止まるから。

■環境を作る

「盾」というと盾個人を指しがち。もちろん個人の力量でも差は出るけど
アラ戦闘での「盾」の防御力はアラ全体の防御面への意識の差で決まる。

・敵の弱体・味方の強化の維持
・状態異常の迅速な治療
・欲しい時に飛んでくるスタン・フラッシュ
・状況を見て攻撃に緩急をつける事が出来るアタッカー
・臨時で盾役にもなれるアタッカー…etc

色んな状況で盾をしてきたけど、サポート次第で天国にも地獄にもなる。
アラ全体の意識が高い戦闘は欲しい時に欲しい物が飛んで来るのでニヤニヤする。
なのでその環境を作る事が大事。どうやって作るの?と聞かれると困るけど
反省会と試行錯誤かなぁ。失敗をそのままにしない空気?がそういう環境を作る気がする。

■全体を見る

・敵の弱体状況(主にスロウとエレジーかかってるか
・PTメンバーのHPMP、アラメンバーのHP、フルアラ↑のコンテンツならアラ外のHPも
・次に誰にタゲがいきそうか(与ダメ、回復ログを見て体感
・相方の蝉の残り枚数

基本的に蝉を回しながらケアルを構えているので全体を見る。
NM戦は、盾PTが維持できてアタッカーが削りきれば勝てるゲームなので、
盾PTがきつい時に、一時的に攻撃を止めてもらうだけでも結構なんとかなったりする。

■死なない

死んだらケアル出来ないので死なない。
敵の強さにもよるけど、死ぬ場面ってのは大体決まっていて(2Hアビとか残りHPで来るWSとか)
何度も経験していけば死にそうになる場面を想定出来るようになる。

そしてナイトにはそういう場面を回避する手段が豊富にある。
センチネル、ランパート(アイアンウィル)、インビンシブル、薬パワー…etc

×ピンチが来てからどうしよう
○ピンチが来たらどれを使おうかな

薬パワーと馬鹿にしてはいけません。
バイルエリクサー+1で乗り切ったピンチは数知れず。

■ケアルをする

「死なない」事が安定してきたら次はケアル。ナイトの仕事はケアル。

・赤からリフレ
・白からデヴォージョン
・TP300シバルリー

溢れるMPでケアル。アラメンバー全員がケアル対象。
ケアルする相手がいない時、タゲ固定したい時は、着替えてHP増減して自己ケアル。
全体に余裕があるときは、自己ケアルが無い前衛、範囲WSで被弾しやすい詩人にケアル。
死人が出るような厳しい戦闘の時は、相方、盾PTの後衛、1番削るアタッカーを死守する。

とりあえずケアルしまくってれば誰も死なないし、タゲも来るしで一石二鳥。

■被弾を抑える

HP3000で、被物理カット50%とかなったら戦術の全面的見直しになるけど
とりあえず現段階では、「サポ忍でいかに上手く蝉を回すか」。
心がけてるのは、蝉回らない時は無理してタゲ取らないとか、
逆に、相方がタゲ取って欲しいだろうなと思う場面でタゲを取るようにするとか。

あと小ネタだけど、フラッシュを敵が攻撃してくる直前のタイミングに差し込むことで
NMに効きにくい問題を回避した。てか結構回避できるので余裕があるときは狙ってみると○

■ネタ尽きた

まだあったような気もするけど。
とりあえずセオリーは大事だけど、そのセオリーは、今の目的に沿っているか?
テンプレをそのままコピーせずに、それは本当に正しいのか常に問う感じ?
なんかどっかの本の受け売りっぽい内容になってしまった感は否めないけど。

今後のVUでレベルキャップ開放されたりしてJOBバランスが変わってくると思うので
今あるセオリーが通用しなくなる場面もこれから増えてくるかもしれない。
なのでとりあえずこれは2010年8月のHachiのナイト論。
スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

23:08  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eight18.blog34.fc2.com/tb.php/200-0f407d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。